カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS カンボジアでは,「子どもは『雨』の子」か?

<<   作成日時 : 2010/10/21 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 日本では,よく子どもの元気さを評して,「子どもは風の子」と言ったりする。
カンボジアでは,『風』ではなく,『雨』か?と思うような場面を見た。

 派遣されている学校のスタッフルーム(現在の私の居場所)で,そろそろ学校が終わる時間だな〜(5時)と思っていたら,この時期にはよくある突然のスコール!!いつもどおり,すごい雨の勢い。
 「まいったなー,帰れないなー」と思いながら外に目をやると,
 子どもたちがいつもどおり,グラウンドのバスケットコートでサッカーに興じていた。
雨なんか関係ねーっ!!感じで。日本でも時々やぶれかぶれになって外で遊んでいるっていうのは見る。
でも,この子達は,いつもどおり,日常って感じでやっていた。それがおもしろかった。国の違いを感じた。
 カメラを取りだして撮ってみたが,あんまりその感じが伝わってこない。残念。
画像

画像

画像

画像
 

 日本では,子どものことを思いやって,ついついこういうことはやめさせてしまう。でも,これで風邪をひいたとして,日本ならそうそうこじらせて重症化するってこともない。
 ならば,
 無茶かどうか,危険かどうか,風邪をひいてしまうかどうか,そんなことなどの判断や行動をある程度(子どもたちなりに)任せちゃえばいいのではないかと思う。「これくらい無茶すると(雨にぬれると)風邪をひくんだなー」とかいう基準みたいなものを子どもたち自身の手でつくらせていくこと,もし無茶が過ぎてしまった時は,そん時,親として尻拭いを一生懸命やってやりゃいいのでは,それが本当の意味での『親』の愛情なのではないかなーと,ぼーっとサッカーを見ながら考えた。
 自分自身が,ここカンボジアで痛感していることだが,『危機意識』や『生活力(生きるたくましさ,応用力,異環境に適応する柔軟性)』のようなものが不足しているように思う。
 私でさえそうなのだから,現代の子どもたちはなおさらかと。わが子を『愛する』ってことの意味や表現の仕方について考えてしまった。
 「痛み」や「苦痛」,「悩み」などのマイナスを与えないように,わが子をマイナスから防御しながら育てていくことが,親が子を『愛する』ってことなのでしょうか?
 それとも,
 それらがやってきてしまった時,共に痛みや苦しみを分かち合い,乗り越えられるように見守ったり,そばにいてやったりして,わが子が『生きる力,たくましさ』を自分自身で,体験的に育んでいける環境をつくっていくことが,親が子を『愛する』ってやつなのでしょうか?

 親の負担が大きいのは,後者だと思う。前者は,実は親にとっては,楽なのではないかと。
 子どものためではなく,実は自分のために,前者を親の『愛』の形だと思うようにしてはいまいか?そんなことを自問自答してしまった。

 親として,わが子を『愛する』ときに大事なことは,目の前のわが子のことだけを考えるんじゃなくて,その先に続いているわが子の未来,将来像を想像しながら,今現在のわが子に対する『愛し方』を決めるってことなんじゃないかなって思う。わが子がどういう大人になって,どう生きていくんだろうっていう『想像力』が大事なのではないかと思う。
 「痛み」や「苦痛」,「悩み」などのマイナスに対する耐性を育むチャンスが無いまま育ってしまった子どもが,どんな大人になって,どう生きていくのか,それを想像すると・・・・。

 未熟な親バカの私には,自信をもって答えはこれ!!って言えません。後者が自分にとっての親のあるべき姿だと思うのですが,思うだけで実行できていないような。
 頼りがいのある父親になりたいので,自分が考える『あるべき親』になれるよう,挑戦・努力はしていこうと思う。

 ブログを書いていたら,ついつい考え過ぎてしまった。ここまで読んでしまった人,すいません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
わかるっ!
尻拭いしてやるから、とりあえずやってみろ!って思う反面、あぶないからとかよごれちゃうからとかなんだかんだ言って、経験させる前に止めてしまう自分がいる。
お互い、大きな大きな親父でいたいものですね。
すずパパ
2010/10/29 00:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンボジアでは,「子どもは『雨』の子」か? カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる