カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 初!大家さんに食事に招かれました

<<   作成日時 : 2010/11/27 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 11月26日,久しぶりにタケオ在住隊員(4人)で集まって,家の隣のお店で食事会をした。
それが終わって家に戻ると,大家さんたちがガヤガヤしていた。
見ると,タケオ特産のオニテナガエビをコンロで焼いていた。バケツにたくさん入っていた。

 この時期,タケオでは大きく成長したオニテナガエビがそこここのお店の店頭で売られているのが目につく。
川で獲れたエビなのだが,味はものすごく良い!との評判。
でも,なかなか食べられない。高いからだ。
 この日,大家さんが購入したエビは,なんと1kg25ドルだそうだ。日本でだってそんな贅沢はできない。
まして,ここはカンボジア。大家さんは裕福なんだなぁとあらためて実感。
大家さんの親戚が遊びに来ていたらしく,そのための贅沢,ごちそう,ということらしかった。

 大家さんは,しきりに「一緒に食べよう」と誘ってくれた。
食事を終えて帰ってきたところなのではじめは断っていた。
 でも,結局はごちそうになることになった。カンボジアの人たちはみんなで食べることが本当に好きらしく,ごちそうになると言ったとたん,すごく喜んでくれた。

 せめてビールくらいはこっちで用意しようと思い,買いに行った。(でも,結局は買った分以上のビールをみんなで飲んだのだが)

 コンロで大量のエビや魚を焼き終え,いよいよ宴会開始。
画像

 これが,オニテナガエビ。大きさは小ぶりな伊勢えびくらい。
味は最高!!川で獲れるエビだと泥臭いかな?という印象があるが,全然そんなことはなかった。
頭のミソがまたこってりしていて美味だった。
画像


画像

 ゴザを敷いて床に料理を並べて食べるのがクマエ(カンボジア)スタイル。
 結局,ビールや料理(特にエビ)をたらふくいただいて自分の部屋に戻った。料理は最高においしかったが,大家さんたちの言葉がほとんど理解できず,「おいしい!」を連呼することしかできなかったことが残念だった。もっと言葉がうまくなって,楽しく話せたらいいなと思った。
 それにしても,カンボジアの人たちは本当に気さくで優しい。食事や散歩,ドライブなど,自分たちの楽しみの輪の中に快く誘ってくれる。
 ごちそうはみんなで食べよう!その方が楽しい!おいしい!!という考え方なんだなぁ。そのためにお金をどーーーんと使う,これがカンボジアの人たちにとってのお金の価値観,使い道なんだなぁ。
 大事なことを学んだ気がする。


 11月27日,昼にまた大家さんが昼食に誘ってくれた。
今度は,「ノンバンチョップ」というカンボジア風そうめん。
なんの手土産もなしにおもてなしを受けてしまった。
画像

 これが「ノンバンチョップ」。カレーのようなスープ「ソムローカリー」につけて食べる。花やインゲン豆,きゅうりなどの付け合わせを好みで加えて食べる。
 ガイドブックによると,このメニューも,おもてなし料理なのだそうだ。お客さんをもてなすための特別料理というやつだ。大歓迎を受けたわけだ。親戚に対してなのかもしれないが,この場に招かれたことがとにかくうれしかった。
画像

画像

 じつは前にもノンバンチョップを食べたことがある。そのときは味は正直イマイチだった(自分にとっては)。
しかし,今日のノンバンチョップは味も最高!おいしくてついつい食べ過ぎてしまった。
で,眠くなり,こんな感じに。
画像


画像


 2日に渡ってごちそうになりっぱなしだった。今度は日本食を大家さんに食べてもらおうかな。それとも来年はエビをごちそうしようかな?
 ここに住み始めて3か月。初めて大家さんと食事ができた。何よりそれがうれしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初!大家さんに食事に招かれました カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる