カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS ラタナキリ旅行@(プノンペン〜クラチェ)

<<   作成日時 : 2010/11/28 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 11月19日,私を含めたJOCV3名と,日ごろお世話になっている方の奥さんとむすめさん2人の計6名でラタナキリという,カンボジア東北部の奥地の町に向けて出発した。
 奥さんが手配してくれた車(4駆)での旅行なので,JOCVにとってはとっても贅沢な旅だった。

 バスで行くと,12時間かかる。今回は,途中にあるクラチェという街で一泊することになっていた。そこで活動しているJOCVと会うためだ。
 クラチェで奥さんの友人の家族と合流し,その後はいっしょに旅行をする計画になっている。JOCV3名と2家族の旅だった。

画像

 首都プノンペンを出たばかりの町の様子。交通量が多いのはいつものことだが,カンボジア最大級のビッグイベントである『水祭り』ということもあって,上京してくる人が多いように思えた。
画像

 水祭りのボートレースに参加するためか,ボートを載せて走っているトラックもいた。
画像


 お昼は,コンポンチャム(プノンペンから約100km)という街でとった。この街には「きずな橋」という大きい橋がある。日本の支援で建設された橋の1つ。カンボジアのお札,500リエルにこの橋が描かれていることで有名だ。
画像


 コンポンチャムから,今日の目的地であるクラチェ(プノンペンから約300km)に向かった。移動中に出会った風景はこんな感じ。
画像

画像
画像

画像

画像

 大きなトラックに,満載されていたのは,イモ(多分キャッサバ)だった。こんなトラックとたくさんすれ違った。イモの産地なのだろうか?
画像

画像

 小さな子どもがさらに小さな子どもの世話をしている風景は,ここカンボジアでは日常的なものだ。日常的なのだが,見るたびにほほえましく思ってしまう。そういう風景を見慣れていない私が異常に感じる。私だけかな?それとも日本人はみんなそういう思いを抱くのかな?

画像

 途中,何度か牛の横断で車が減速または,停車することがあった。道は高速道路ではなくて,ただの一般道(むしろ道路はでこぼこ気味)なのに,車の速度は常に80〜100kmという尋常な速さじゃなかった。でも,周りの風景はのどかなものだった。

画像

 お坊さんがトラックにのってたそがれていた(ように見えた)。ちょっとシブいお坊さんだった。

画像

画像

画像


 夕方近くなって,クラチェに着いた。
同期隊員が活動している教員養成校に行ってみた。
画像

画像

 2階から,さわやかに出迎えてくれた。
画像

 体育の時間を見学させてもらった。
画像

画像

 授業の様子を見て,驚いたことは,
@体育の授業があること。(私がいるタケオの教員養成校では,赴任して4ヶ月経つが,まだ1回も外で活動しているところを見たことがない。)
Aおそろいの短パンで活動していたこと。
 残念に思ったことは,
 授業というより,レクリエーションで生徒は楽しんでいるだけだったこと。これは,体育という授業自体,カンボジアの学校に教科として存在していないことと,体育という教科に対する意識・価値観が低いことが原因だと思う。小中学生に体育は絶対必要で,奥の深い教科だと考えている私にとって,この現状を目の当たりにしたのは,わかってはいたが,やっぱりショックだった。

 養成校を出ると目の前は大河,メコン川。夕焼けがとてもきれいだった。
画像

画像


 クラチェ在住の隊員と夕食を共に。おすすめの食堂で食べた。どれも本当においしかった。安くておいしいお店があってうらやましかった。(タケオでおいしいと思うところは,ちょっと高い)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラタナキリ旅行@(プノンペン〜クラチェ) カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる