カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めてお葬式に行きました。

<<   作成日時 : 2010/11/30 23:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回は写真はありません。
お葬式に行って,写真を撮っていたらあまりにも不謹慎だから。

 今日,活動先の学校(教員養成校)で,副校長先生から,「○○先生のお姉さんが亡くなられた。ナオキもいっしょに行くか?」と言われた。
 当然,行きますと返事をして,すぐに車で行った。

 行き先は,タケオから車で40分くらいの田舎。周りは見渡す限り田園。電気も来ていない(でもバッテリーを使って生活をしているとのこと)。周りの景色はとてもきれいだった。

 行ったらすぐにお清め。おもてなしを受けた。○○先生は,私の手を握って(恋人握りで。カンボジアでは男同士でよく手をつないでいる)席まで案内してくれた。
 そのあと,○○先生は,自分のお母さんを私に紹介してくれた。娘に先立たれて元気が無かったが,お母さんも歓迎してくれた。(娘さんを亡くして,さぞかしつらいだろうな)

 料理は定番のノンバンチョップ(米の麺。茹で過ぎたそうめんという感じ)。それをソムローカリーというスープに入れて食べる料理。今日はソムローカリーの他に,もう一品スープがあった。(スップクマエと言っていた。)
 それをたらふく食べ,「スラー・ソッ」というカンボジアの米のお酒をいただいた。初めて飲んだ。
日本酒に近いが,日本酒をぐっと強くして,雑味を加えた感じ。

 香典を渡す習慣もある。日本と同じ。私も渡した。すごく喜んでくれた。でも,多すぎたようだった。恐縮していた。
いくら副校長先生に相場を聞いても,「いくらでもいいんだよ。」の一点張りで,教えてくれなかったから,10ドル渡した。それが相場より高かったらしい。

 カンボジアのお葬式は,日本と同じ習慣がある(香典,お清め,法事(四十九日などがある))ことに驚いた。
逆に日本とは違うなと感じたところは,日本ほど悲しい・辛い感じがしなかったということだ。みんなで集まって明るく送り出そうという感じがした。これはあくまで主観だが。
 とても良い経験ができたと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めてお葬式に行きました。 カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる