カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS ポーラカム(奉仕活動)

<<   作成日時 : 2010/12/22 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12月21日。
 今日の午後,授業がなかった。理科だけでなく全てのクラスの授業。
理由は,「ポーラカム」(=奉仕活動)があったから。
 いつもは,毎週木曜の午後にポーラカムがある。職員会議(研修)があるからだ。

 なぜ今日の午後?と思い,先生方に聞くと,どうやら明後日,全州から人が集まってワークショップが開かれるらしい。それに向けて学校をきれいにしようというわけだ。

 日本の学校にとっても似ているなぁーと思った。日本の学校も同じ。大きな規模の研修会なんかになると,PTAの力なんかも総動員して,学校の美化を行う。どこも同じだなぁ。

 ここのところ,ずーーーーっと出張していた校長先生が久しぶりに現れて,ポーラカムの総指揮にあたっていた。
さすが校長先生。生徒はいつもよりずっと働いていた。
 この後姿の人(股下が長い人)が校長先生。とっても優しくて理解のある校長先生。大好きです。
画像


 校内地図まで描いて,役割分担をしていたのにはびっくりした。
 どんな作業をしていたかというと・・・。
画像
校内の木々の幹に白い塗料を塗っていたり(木のお化粧?)・・・

画像
画像
花壇の土を耕して新しい植物を植えたり・・・

画像
トイレの掃除をしたり・・・

画像
画像
雨季の時に土が大雨に流されて,でこぼこになってしまった所に新たな土を入れて平らにしたり・・・

 こんな感じで,生徒総勢約200名が学校をきれいにするためにがんばっていた。
学校がきれいなのはとてもいいことだと思う。きれいな学校じゃないと誇りをもてないと思うから。
このきれいさや,きれいにしようと思う気持ちが常に維持されればもっといいなと思う。
もっと欲を言えば,この活動が生徒側の自主性に基づくものだったり,生徒の自治的活動だともっといいと思う。
生徒会活動のようなものも必要なのではないかと思った。
 日本にいる時は当たり前に思っていて,その存在意義などを深く考えていなかった,生徒会活動(児童会活動)が意義のある活動なんだなぁとこっちに来てみるととてもよくわかる。日本の教育は,けっこうよくできていて,レベルが高い。
 近くにいると当たり前に感じてしまって気づかないけど,離れてみるとよくわかることって意外と多い。勉強になるなぁ。

 ここで気づいたこと,帰って現場復帰するまでちゃんと覚えておけるといいんだけど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポーラカム(奉仕活動) カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる