カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS こういう力(良さ)を生かせれば

<<   作成日時 : 2011/03/29 00:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月28日
 生徒たちがいつも「オンコイレーン(座談,井戸端会議,おしゃべり)」をしている養成校内のベンチでなにやら珍しい光景を見た。それはこんな感じ。
画像

 吸い寄せられるように傍によって,何を作っているの?と聞いてみた。
聞きなれない単語が出てきたので初めはよくわからなかったが,先生などにも来てもらって説明してもらうと,どうやら枕のカバー(飾り)らしい。
 「赤は彼女の好きな色だそうだよ。」と補足説明まで先生がしてくれた。
 
 男子生徒は,この作り方を知っていて,やったことがあるから手伝ってくれているとのこと。
仲良く手作りをしている姿が妙にほほえましかった。
 日本でも昔は何でも手作りだったらしい。
私の母が,自分の洋服は自分で縫った,それがごく当たり前だった。と話していたことがある。
 今はどうか?あえて手作り(ハンドメイド)にこだわるということを除いて,なんでも買える時代。まず買うことを考えてしまう。(少なくとも私は)
 そんな人生だった私だから,なんだかほほえましく,かつ少しうらやましく思えたのだろうと思う。
 でも,当の本人たちにとっては,うらやましがられることでも何でもないのかもしれない。お金がないからこその工夫,努力なのかもしれない。私がほほえましく思ったり,うらやましく思ったりすることを知ったら,気分を害するかもしれない。(経済的に豊かな側からの目線(傲慢)かも)
 そんなことを考えたりもするのだが,やっぱりこういうのっていいことだと思う。日本では失いがちのこの光景。カンボジアが発展してもこういう習慣は残っていってほしいなーと思った。
画像

 もう1つ,思ったこと。
 こういう手作りはとても上手,手先が器用だと思う。
『無い物,手に入らない物,は自分たちで作る!』というこの精神,すばらしい!
この精神をぜひ理科実験の際も生かしてほしい。
『無い,買えない,物は工夫して自分たちで作る,なんとかする。』
カンボジアの人たちだからこそできることなのではないかと思った。

「経験さえあればできるようになるのかも」
という希望の光が見えたような気がした(大げさか)。
画像

 こんなふうに,いろいろと感じさせてくれた2人に,私は,
「仲良く作っているということは,二人は付き合っているの?」
とひやかしてしまった。
 周囲の人たちは面白がっていたが,2人は気分を害しただろうなー。
 ごめんなさい,軽率な発言でした。反省。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こういう力(良さ)を生かせれば カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる