カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 皆既月食を初体験

<<   作成日時 : 2011/12/16 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

12月3日(土)
 生まれて初めて,『皆既月食』を観賞できた。カンボジアでそれができたことは,自分にとってより思い出深い出来事になると思う。
 今回のように,欠け初めから終わりまで観賞できるのは珍しいらしい。日本で今回と同じような皆既月食を見られるのは,2018年1月31日だそうだ。なんと約6年後!!しかも,今回のようにきれいな夜空になるという保障は無い。雲が多い夜になってしまうかもしれない。つまり,今回の体験は,とってもとっても貴重なことだったということだ。そんな貴重な体験を隊員仲間と分かち合えたことが幸せだ,心から感謝。
 この日,観賞に備えて早めに食事を終えた。店を出てドミトリーに帰るトゥクトゥクの中で月を見ると,わずかだが左下辺りが欠けていた!
 ゆっくり観賞を楽しめる場所は??とみんなで相談し,川沿いの屋上バーに行ってみることに。再びトゥクに乗り込み,川沿いに移動。
 川沿いの遊歩道から車道の向かい側のバー街を見上げると,見晴らしが良い店はどこも混雑しているように見えた。みんな思いはいっしょなんだろう。
 目指していた屋上バーについた。運よく人数分(5人)の席が空いていた。座ってみると,残念,隣の照明が強すぎて多少見づらい。でも,屋上なだけに,地上の光や音の喧騒とは一線を画した世界だった。それだけで満足。着いた時は,もうずいぶん月食が進んでいた。
 一杯2.5ドルという,カンボジアにしては高いなーっ!と思ってしまうドラフトビールを大事に(ちびちびと)飲みながら,空を見上げ,ゆっくり月食観賞に浸った。
 
 1時間くらい経っただろうか?ついに「皆既月食」状態に。聞いていたとおり,赤みを帯びた淡ーい光(光という形容の仕方は当てはまらないと思ってしまうような,弱い光)だった。もっと真っ黒な(夜空よりもさらに漆黒,夜空に穴が開いたような),そんなイメージを持っていたので,意外だった。だから,一層幻想的に見えた。
画像

 しばらくすると,右の方から徐々に元の明るさを取り戻してきた。ここで全員一致の疑問が。左下の方右にかけて欠けて(暗くなって)いったのだから,明るくなる時はやっぱり左から右に向かっていくものなんじゃないか,ということ。でも,実際は右から明るくなっていった。どうしてこういうふうになるのか,みんなでいろいろ考え,それぞれに考えを出したが,結局,私は納得できなかった。
 実際に見るってことは大事なんだ,ということがあらためてよくわかった。今回のような皆既月食を,例えばニュースなどで知ったとしたら,こういう疑問はわかなかっただろうし,こうやって頭を使うことは無かっただろう。結局いまだに理由はわからないままなのだが,実際に見る(体験する)ってことが人の心(興味・関心)に与えるインパクトって奴は,大きい!ということは,よくわかった。
 協力活動うが,「理科」なだけに,こういう内容のブログになった。こういう内容の文章を書いてしまう生活もあと3か月。あと少しだな,そう感じるようになってきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、急にメッセージを送りすみません。私はガールスカウト大阪府支部所属、近畿大学の植田るい子と申します。
私たちはガールスカウトを通じ幼少期の頃から貧困問題などに触れてきました。そして高校生の時にはミャンマーへ行き常日頃から自分達に出来ることは何なのか。を考え帰国後も継続してミャンマーに携わっています。4月には向井理さん主演「僕たちは世界を変えることができない」の著者、医師の葉田甲太の講演会を開く為現在プロジェクトを遂行中です。その本の中でカンボジアのエイズ病棟について、またアジア最貧国と言われているカンボジアの実情について書かれており、講演会実行委員としても、一人の人間としてもカンボジアという国をしっかり見たい、と思い急ではありますが2012.1.5〜9までガールスカウトの仲間3人でカンボジアの方へ行きます。


そこで、私たちガールスカウトの先輩でも多々活躍している同じ日本人の青年海外協力隊の方にどのような仕事をしているのか、実際のカンボジアの実情など詳しく話を聞きたい、またココは見ておくべき所だなどあれば是非教えていただきたい。と思い連絡をさせて頂きました。
本当にいきなりどこの誰かも分からない日本人からのメッセージで、迷惑なのは重々承知だとは思いますが、もしよろしければお返事頂けないでしょうか?私たちは、是非隊員の方から学びたい!という気持ちは凄く強く持っています。どうぞ宜しくお願いします。本当に急なメッセージですみません。


日本連盟ガールスカウト大阪府支部第78団
近畿大学
植田るい子(うえだるいこ)


r.ueda@i.softbank.jp



どうぞ宜しくお願いします。
r.ueda
2011/12/16 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
皆既月食を初体験 カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる