カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS in コンポンチュナンA(陶器づくりの村編) 

<<   作成日時 : 2012/02/23 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月16日(木)
 午前中は,せいこさんの活動を見せてもらった。カウンターパートと,副校長先生が周辺の小学校の先生を対象に実施したワークショップを見学させてもらった。何よりも,カンボジア人による,カンボジア人のための活動,というのが感動した。こういう活動が評価され,注目され,全国的に広がっていけば,カンボジア国内の教育はきっと良くなっていくだろう,そういう希望と期待を感じる,すばらしいワークショップだった。
画像
画像


 午後,せいこさんは活動があるので,私は1人で「オンドンルサイ」という村に行くことにした。この村は,陶器づくりで有名な村らしい。コンポンチュナンというこの州の名前の「チュナン」とは,「土鍋」という意味がある。つまり,この州の特産品は「チュナン(土鍋や陶器)」,その州の中でも陶器づくりで有名な村らしい。
画像
画像

 着いてみると,一見するとどこにでもありそうな普通の村。でも,よく見ると,確かに陶器づくりの村であることがわかった。
 軒下には,ろくろを回して陶器づくりに勤しむ人の姿があった。
画像
画像

 ゾウとブタの陶器がかわいらしく並べてあった家を見つけたので,入ってもいい?と声をかけてみた。すると,いいよ,と快く承諾してくれた。軒下で家族で陶器を作っていた。陶器づくりを見せてもらいながら,ちょっと話ができた。お父さんの話によると,ゾウの陶器は1000リエル(約20円)にしかならないらしい。こんなに手間隙をかけても,20円・・・。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

 そういえば,カンボジアの田舎を1人で歩くのは,これが初めてだった。カンボジアならではの,赤土の道を,牛がのんびり歩いていく。道の両脇の家々の人たちも,どこかのんびりとしているように見える。そんな風景を楽しみながらのんびり歩いていたいところだったが・・・。村の人たちは歓迎まではいかないまでも,私を受け入れてくれている感じだったのに,犬たちは完全に私を拒絶。いたる所で吠えられ,威嚇され・・・。結局,犬の急襲にビクビクしながら歩くことになってしまった。犬たちにも認めてもらえれば,もっとカンボジアの原風景を満喫できたのに・・・。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
in コンポンチュナンA(陶器づくりの村編)  カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる