カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 退任式(お別れ会)を開いてくれました

<<   作成日時 : 2012/03/07 00:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

3月5日(月)
 マウ・チャンナー副校長先生が中心となって(イム・カーノヴォ校長先生は,2月いっぱいで定年退職されたので),私の退任式を開いてくれた。場所は,私が一番長い時間を過ごした図書室。
画像
式次第はとてもシンプルなものだった。それは私の望むところでもある。盛大にやってほしいとは思わない。でも,やっぱりこういう集まりを設定してくれたことはうれしくてたまらない。「あー,やっと終わったんだなぁ。」と心の節目をつけることができるから。
 いつもどおりのカンボジアらしいゆったりとした時間の流れ。2時30分開式のはずが,3時30分に始まった。驚いたり,イライラしたりしなくなった自分にも苦笑いをしながら,開式をゆっくり待った。残念だったのは,3人いるカウンターパートの中で,出席してくれたのはソカ先生1人だったこと。午後だったこともあり,ティニ先生は副業の屋台の準備が忙しいのだろう,きっと。ソパイ先生は・・・,わからないけど,忘れちゃってたのかな?
 チャンナー先生のごあいさつが終わり,私からのあいさつ。前日に考えておいた原稿と,やっぱりその時になって言いたくなったことを,最後まで上達しなかったしどろもどろのクメール語で話した。

 あいさつの内容は,「研修を続けていってほしい」ということ。カウンターパートの先生方は本当によくがんばってくれて,着実に,そして格段に指導技能が向上した。実行できる実験のレパートリーも増えた。といったことも話し,だから私がいなくなっても自分たちで研修していくことはできる,そしてその成果を生徒への授業で活用していける,ということも話した。これはお世辞ではなく本心だった。これまでにいっしょに研修してきた単元ならば,絶対先生たちならできる!それだけの協力活動はしてきた!という自負・自信が私にはあるから。
 ただ,1つだけ心配なことがある。それは,先生方の気持ちだ。「自信」「意欲」といった気持ち。それが先生方の中で育ってきたのかどうか・・・。ヒロシマやSTEPSAM2,そして私と,先生方にはたくさんの支援があった。その中で確かに経験を着実に積み重ね,技能は向上した。でも,反面,「依存意識」というのも大きくなってしまったような気がしてしまう。「支援ありき」の姿勢が先生方の意識に固着してしまっていないか,とても不安だ。
 任期終了を迎えた今,私にできることはただ1つ,信じることだけである。だからその願いを精一杯こめて,ちょっとえらそうな内容になってしまったかもしれないが,「自分たち自身の力で,研修を(できることを)続けていくことが大事だ,必要だ。」と願いをこめて話した。
 
 私のあいさつが終わった後,先生方や生徒たちからたくさんの贈り物をいただいた。1クラスに1つずつ用意してくれたので本当にたくさんになってしまった。自宅に持ち帰るのに3往復を要したほど。正直,生徒たちへの直接的な支援活動をほとんどしていなかっただけに,ちょっと気が引ける思いがした。でも,ありがとう,本当にありがとう。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


 ついに活動を終えることができた。我慢強く研修に参加し続けてくれたカウンターパートの先生方,研修資料のクメール語の校正をしてくれたチューン先生,図書室を理科室として使うことを認めてくれたカーノヴォ校長先生,いつも私の意見を汲み取ってくれたチャンナー,ウーンヌ両副校長先生,ヴォッター教務主任・・・。タケオ州小学校教員養成校のみなさん,本当にありがとうございました。
 そして,こんなにも充実した協力活動をできたのは,やっぱり日本にいる家族,ご近所,友だち,教え子,職場のみなさん・・・,数多くの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
 どうやら,何とか,胸を張って皆さんのいる日本に帰ることができそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ!帰りを待ってるゾ!!
すずパパ
2012/03/10 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
退任式(お別れ会)を開いてくれました カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる