カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS ソカ先生,がんばってます!!すごい!!うれしい!!

<<   作成日時 : 2011/06/03 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月2日(木)
 今日は,週1回の予定で行っている私が主催する研修会の日。
 今日は,ソカ先生が指導者となって模擬授業を行い,授業後反省会を開く,という内容。
授業の単元は,「太陽と太陽系の惑星」 前回,私がこの単元の授業案を提案し,それをもとに,ソカ先生が指導案を書いて,今日模擬授業をする,ということになっていた。

 いつもは私を含めて4人で研修しているのだが,今日はティニ先生が出張で欠席。ソカ先生,ソパイ先生,私の3人で行った。ちゃんと時間通り集まり,始めることができるようになったのも,かなりの成長(私のやり方を理解し,協力してくれている証)だと思う。

 今日の研修会はうれしいことだらけだった。

 まずは,これ。
画像
画像

 ソカ先生が書いた指導案。ソカ先生は以前も自分から進んで指導案を書いてきてくれた。今回もそう。こちらから要求しなくても,自ら書いてくる。やる気,向上心のある証だ。しかも,みんなの分をちゃんとコピーしてきてくれた。
 出会ったころは,指導案を書くといっても,誰かが作成した指導案をほぼそのまま丸写し,ということがあって,ショックを受けたこともあった。でも今は,尊敬の眼差しでソカ先生を見ている。
 今回の指導案も,私の提案をふまえつつ,自分が授業をやる意識をし,イメージをしながら書いていることが指導案から伝わってくる。
 明らかにソカ先生は,成長している。自信を持ってきているのだと思う。自分の考えを指導案や話し合いで積極的に表現(発表)するようになってきているから。

 模擬授業中も,うれしいことが。
画像
前回,私が提案した際,説明したことや,このように指導した方が良い,といった注意点などをちゃんと聞き取り,理解してくれていたことがわかる授業の進め方だった。
 上の写真は,表の中の数値の意味を説明しているところ。説明の仕方に課題は残ったが,「説明をする」ということ自体に価値があり,成長の兆しが表れていた

 ソカ先生の成長や努力の兆しが見られるとても良い授業だったが,授業後,私からは3点の課題を伝えた。
@板書をもっとするように(特に,大事なことは板書して生徒にノートに書かせる。)
A生徒にとって難しいと思われる説明をする際は,図などを用いて,わかりやすく伝える工夫をすること。
B実験後,各生徒が結果をまとめ,結論を考える時間をちゃんと確保すること。また,結果や結論を全体でまとめる時間をとり,結果・結論をきちんと明らかにすること。

 ソカ先生は,すぐに納得してくれた。
すばらしかったのは,すぐに私があげたこの3つの改善点を実行しようと考えられたこと。
 今日の午後は,校内の研修会がある。その研修の時間に,模擬授業をもう一度やろうとソカ先生が言った。

 で,午後の研修会で。
画像
この写真にあるように,改善点@の板書を実行していた。さらにAの図を使ってわかりやすく説明することにも挑戦していた。
 どちらも発展途上段階だが,「挑戦する」ことができるようになったことがすばらしい!!
画像
この写真のように,授業中のソカ先生は,自信とやる気が表情に出ていた。
 今回は,先生相手の模擬授業だったので,Bについてはとりくめなかったが,次回の校内研修会の生徒を対象としたレッスンスタディ(研究授業)で実践してみるとのことだった。もちろん,@,Aについてもさらに改善してみるとのこと。

 がんばれ!!ソカ先生。 きっと,この努力の積み重ねは報われます。今後のソカ先生が楽しみ。
ソカ先生のためになることをしたい。と思えるのがうれしい。

 【番外編】
 研修会で,新たな取り組みを試みた。
 それは,「評価」である。この単元は,実験教室で2年生に対して私が授業をしたので,生徒からプリントを集めておいた。実験の結論を考えさせ,プリントに書かせたのだ。
 それを,2人に評価してもらった。生徒を評価するのだが,その目的は,授業改善である。生徒の理解度を評価することで,授業の良し悪しを判断することができ,それを授業改善につなげる,それが「評価」の目的だと常々説明している。
 先生方は,評価=試験という考え方があるのか,授業中やノートなどで評価を積み重ねていくということをしない。より良い授業にしていくためには,評価をする力が欠かせない。
 ということで,今回,その練習をしてみた。評価規準を話し合って決めてからそれぞれ評価してもらった。
画像
画像
画像

 「評価」についても,少しずつ研修できるように,研修内容に取り上げていこうと思う。
でも,自分自身,今までの教員生活で,ちゃんとした「評価」をしていただろうか?
評価に対する知識,技能が勉強不足だと感じた。
協力活動は,自分の現実の姿も見えてくる。自分自身のための活動でもある,なぁー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソカ先生,がんばってます!!すごい!!うれしい!! カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる