カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 『停電』が教えてくれたこと

<<   作成日時 : 2011/07/22 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

7月21日(木)
 今日は午前中から,約11時間ほど自宅が停電だった。復旧直前にやっとわかったことなのだが,原因は電線の補修工事。それによって自宅周辺が停電になったのだ。
 午後7時ごろ復旧。復旧してみると,実害はほとんど無し。停電時間のほとんどが活動先で過ごしていたからだ。ただ,原因がわからなかったので,正直,不安と不便を感じた。11時間の停電というのは,カンボジアに来て1年1ヶ月が経つが初めて。今までは長くても3時間ほどだったので,今回はちょっと長く感じた。
 大げさな言い草かもしれないが,それなりに理由がある。自宅は3階にあり,水は電気ポンプでくみ上げている。だから,停電になると,電化製品が使えないだけでなく,『水』が使えなくなるのだ。
 つまり,シャワーも浴びれないし,手も洗えない。トイレの水も流せない(つまり,便器の中にどんどん排泄物が溜まっていく・・・)のだ。冷蔵庫の中にある食品もだめになってしまうし,洗濯機も使えない。扇風機もクーラーも動かないので,コンクリート打ちっ放し,屋根無しの自宅は本当に暑い。で,夜になれば真っ暗。万一の時に備えて,懐中電灯はあるが,それに頼る生活を強いられることになる。
 1日や2日なら平気だと思う。が,それ以上になると,ちょっと厳しい。私の生活能力では無理だろう。
 今回の停電はいつもよりずっと長かったせいで,「何日続くかわからないぞ」という漠然とした不安が生じたのだ。
 ま,結局は辺りが暗くなったと同時くらいに復旧,事なきを得て,こうやってブログも書けている。終わってみればなんてことはなかったのだが。
 今回,わかったこと。
 1.自分はカンボジアでも便利なものに囲まれて,便利なものに頼った,便利な生活をしていたんだなー・・・,という実感。日本にいた時よりは,厳しい生活をしていて,少しは鍛えられている!なーんて思ったりもしていたが,何のことは無い。相変わらず甘ーーい生活をしています。
 2.『電気』って便利だなー・・・ってこと。停電が終わって,自宅の照明が灯っているのを見たときのうれしさ。ちょっとした感動だったな。いやー,電気って,当たり前にあり過ぎて気づかないけど,よくよく考えるとすごいよなー。だって,一軒一軒の家にくまなく電線を通じて,24時間,年中無休で常に自分の手元まで来てくれているんだもの。発電所からわざわざ長旅を経て,絶えることなく来てくれている,イヤーすごい技術だね,これって。

 日本では,大震災の影響で,節電・節電,だそうだ。たった1日の停電でこんなにもおろおろしてしまった自分がかなり恥ずかしい。
 電気代を払っているから,電気が使えるのは当たり前!!なんて思っていたらバチが当たるな。『当たり前』と思わせてくれていることの凄さに思いをはせねば。いろいろな人が電気を『当り前化』すべく努力してくれているわけだ。そのことに感謝しつつ,大切に使わねば。と,少なくとも今は真剣に思っている。
 ということで,見ていないテレビはスイッチオフ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時

お久しぶりです(^^)v

先生けっこうマジメですね(´∀`)笑

カンボジアでも頑張ってね!!

ちなみに誰かわかりますか??
2人ですよ〜☆
飯沼千裕♪
2011/07/25 14:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
『停電』が教えてくれたこと カンボジア ナウ カエッ タカゥ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる